母性看護とは

 女性にとって結婚とならんで一生一代のイベントとなる妊娠、そして出産。新しい命が産まれるその周産期をメインとして、女性に対するトータル的なケアをする事を母性看護といいます。

 通常の看護と言えば、なんらかの病気や怪我を抱える人へのケアと考えがちですが、母性看護の分野においては必ずしもそうではありません。なんせ妊娠自体が病気ではないですからね。
 そんな母性看護を専門に行う上で持っているといいのが、母性看護専門看護師という資格。この資格を持っていれば、周産期における母子へのケア、女性の健康、そしてその地域に住む母子の健康や育児相談といったものに関する援助を行う事が出来るので、その役割や需要はとても大きなものだといえるでしょう。
 特に、女性特有の子宮筋腫、子宮頸ガンといった病気、月経などの個々多種多様な症状は、医師が男性の場合はやはり躊躇してしまいますよね。そこで、そういった女性特有の病気に強い母性看護専門看護師は患者にとってもとても心強い存在になるといえます。

 近年問題視されているのが、晩婚化に伴う出産高齢化。そのため、不妊症に続いて高齢出産によるリスクの高い出産も増えてきています。
 そこで、そんな高齢出産によって産まれた新生児のケア、そして産後の母親をケアするのも母性看護専門看護師の仕事。
 特に産後の母親というのは、出産による疲労や育児によるうつなど、心身の不調がとても多いもの。
 また、その母親となる女性の家庭環境でその肉体的、精神的ケアは違うものですから、その専門的知識と技術を活かした高度なケアを行う事が求められます。

 妊娠や出産は女性特有の大仕事。しかも初めてであれば、尚更その不安はとても大きいものです。ところが、男性は産めないというだけでその不安な気持ちに寄り添うのがなかなか難しいですし、ましてや女性特有の病気を直接的にケアする事は出来ません。
 だからこそ、同じ女性である看護師の専門的ケアがあるのはとても心強いものなのだといえるのではないでしょうか?
この資格を取るには、普通に看護師として資格を取る事、母性看護に関する知識や技術がとても大事です。そしてそれ以上に、同じ女性として寄り添える事が求められます。
あなたもぜひ、同じ女性としてこの資格の取得に挑戦してみてはいかがでしょう?きっと、女性として産まれた素晴らしさや意味に触れる事が出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です