感動があるからこそ

 いくら少子化社会とはいえ、日々多くの赤ちゃんが誕生しています。また子どもを産みたくてもなかなか妊娠できない方が、不妊治療のために産婦人科に駆け込む姿を目の当たりにする助産師も少なくないでしょう。
苦労して妊娠・出産までをサポートする助産師の仕事は、苦労も喜びも一緒になって分かち合うことができるため、とてもやりがいがあるのではないでしょうか。また助産師の指示の下で赤ん坊の看護をすることになる看護師も、助産師と同じくらいに母親になられた方と生まれた赤ん坊を大切に想う気持ちは強いと思うのです。
 看護師として働いていれば、ある日突然「婦人科のフォローに回ってほしい」という看護師長からの指示に従わなければいけないことがあるかもしれません。
「病院に時々運び込まれる血だらけの重傷患者を見る恐怖から解放されるのはいいけれど、どうして助産師の資格がない私が産婦人科で雑用をしなければならないんだろう」と疑問に感じることは無理もないでしょう。
それでも、助産師と共に赤ん坊の誕生を見届けていく現場で仕事をしていくうちに、赤ん坊の看護もれっきとした仕事であるという実感を抱いていき、助産師との連携の下で行われる出産の立ち会いを通して、産婦人科も病院に訪れる方のニーズに応えるために有り続けるべきだと思うようになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です