信頼関係が重要なのです

小児科で働く看護師に必要なことは、大人を相手にするのとは違うと認識して努力や工夫をすることでしょう。
やはり子どもを相手にするわけですから、対応も大人相手とは変えなければなりません。病気のことを説明するときも、難しい言葉を並べても子どもをむやみに不安にさせるだけなのでわかりやすく説明することが必要だし、接し方にも遊び心が必要です。よく歯医者などにある、治療が終わったらシールがもらえるというシステムも、子どもが喜ぶ典型的なものですが効果はあるでしょう。
また、子どもが病人ということもあり、その親や家族ともうまくコミュニケーションを取らなければなりません。病気の説明も子ども自身にもする必要はもちろんありますが、その家族にもしなければなりません。やはり親としても、子どもの命を預けるわけですから信頼出来る人でなければ、という思いがあります。
ですので、小児科で働く看護師に求められるのは信頼してもらえる人柄であること、信頼関係をうまく築くことなのではないでしょうか。これがうまくいかないとお互いストレスがたまることになります。
子どもがストレスを感じなくとも看護師や親がストレスをためてしまうと、そのせいで子どもがストレスを感じてしまうこともあります。ですので親との関係の構築はとても重要です。子どもと一緒に遊べるくらい遊び心があれば、子どもの方も心を開いて接することが出来ると思います。
さらに産婦人科で働く場合にも同じことが言えます。出産を控えた妊婦さんやその家族も不安がいっぱいです。母親の体はもちろん、生まれてくる赤ちゃんの体も大丈夫か心配するはずです。その不安をやわらげ、安心して出産に臨んでもらうためにも、信頼関係を築くことは重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です